2014年08月21日

年に一度のオイル交換!

八月に入ってからは、台風やら大雨やらで
日本中えらいことになってますね。(-_-;)

晴れたと思えば、とてつもなく暑い日々・・・
なので、今回はオイル交換です。(^_^)

去年もこの時期にはじめてのオイル交換をしましたが、
今回は、ミッション、プライマリーも合わせてやります。

で、今回のオイルは
DSC_0028.jpg
レブテック 20W50 SYN MTP モーター オイル
化学合成オイルってやつです。

MTPはMotor Transmission Primary の略だそうで。
このアメリカンなネーミング、好きです^^

このネーミング通り、エンジン、ミッション、プライマリー全部に使えます。

まずは、ジャッキアップから。
DSC_0025.jpg

あ、このジャッキはアマゾンで買ったのですが
中々良いです。
作りもしっかりして、下部には左右に足が伸びているので
ジャッキアップ中に前後に傾くなんてこともなさそうです。
あくまで素人の感想です(`^´)



今見ると、ハンドルまでついてますね・・・
俺のときはついていなかった・・・・(-_-;)

さて、ジャッキアップしてしまいます。
DSC_0026.jpg

気になる箇所として
・ミッション ドレンボルトの位置が解りにくい。
・プライマリー オイルの量がよくわからん。
・エンジン 前にやったので余裕。

オイルの測定方法ですが、
ミッション、エンジンがスタンド支持で測定。
プライマリーが水平状態で測定。

まずは、ジャッキアップして水平状態になっているので
オイルを全部抜いてしまいます。

まずはプライマリーから。
DSC_0045.jpg
プライマリーケースの下を覗き込むと
DSC_0044.jpg
ドレンボルトが見えますのでコレをはずします。

で、オイルをダバーっと抜いてドレンボルトを戻します。
新しいOリングとシールテープを付けてます。
DSC_0034.jpg



次に、ミッション
DSC_0023.jpg

ドレンボルトは車体の裏側の、2本のサスの間にあります。
左側が前です。
下にもぐりこまないと解らない位置にあり、手探りでなんとか位置を確認し
ドレンボルトを取り外し、元に戻します。

DSC_0031.jpg
こちらも新しいOリングとシールテープを付けてます。

戻すときの注意として、ドレンボルトのねじ山をなめてしまうことがあるようです。
ドレンボルトの中心に1/4の六角レンチが挿るので、
挿した状態で下からそっと回しながら閉めるとうまくいきました。

エンジンオイルは、去年やったので省きます。

オイル抜きが終わったら、まずは水平状態でプライマリーオイルを入れます。
正直、はっきりした量はわからず、いろいろ書かれていますが、

に、「クラッチスプリングにオイルが軽くかかるくらい」とかいていましたので
それを採用。

DSC_0032.jpg
黒い円盤の部分がクラッチスプリングです。

覗き込むと・・・
DSC_0035.jpg
見えずらい・・・

とりあえず、黒い円盤にオイルがかかっていれば良いようです。
最悪でもその下のチェーンにオイルに浸かっていれば大丈夫なようですしw

次に、ジャッキをおろして、スタンド支持にしてから
ミッションオイルを入れます。

DSC_0041.jpg
ここからですね。
漏斗はあったほうが絶対に良いです。
さすがに入れている写真は取れませんでしたw

DSC_0038.jpg
オイルレベルもOK。

オイルフィルターも交換
DSC_0042.jpg
去年は工具で軽く締めたのですが、取り外しに予想以上の力が必要でした。
やはり、手締めのみにしたほうが良いと思います。

DSC_0040.jpg
エンジンオイルもOK


で、完成!
DSC_0039.jpg

やはり、自分でやると仕組みとかがわかった気がして、楽しくなりますね。
愛着もより一層湧いてきました。

さて、涼しくなったら走りに行くか〜




posted by だー at 23:05| Comment(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

フロントホイール交換 続き・・

次の日。
いい天気です。絶好のカスタム日和!!
暖かくてほんとは走りに行きたかったですが、
まずは、ホイールを交換して安心を手に入れましょう。

まずはジャッキアップです
DSC_0368.jpg

完全に浮かす前に、アクスルシャフトのボルトを緩めておきます
(写真はディスクのボルトが緩むか確認してます)
DSC_0369.jpg

取り外されたフロント。結構簡単に取れるのね・・
DSC_0371.jpg

ディスクローターを外し、
DSC_0372.jpg

タイヤのビードを落とし。
ビードブレイカーというものが無いので、タイヤレバーで少しずつ
ビードを落としています。
DSC_0374.jpg

外れました。
DSC_0377.jpg

比べてみましたが、サイズは同じ(当たり前)
重さは若干キャストホイールの方が重いです。
走った感じがどのように変わるのか楽しみです。
DSC_0378.jpg

タイヤをはめて
DSC_0380.jpg

今回は知人に頼んでハメ替えをしてもらいましたが、さすが本職。
ものの5分ぐらいでタイヤがはまりました。
DSC_0382.jpg

あ、エアバルブの位置にタイヤの白い○のペイント(見えづらい・・)をあわせると
大体のタイヤバランスは合うそうなので、タイヤのハメ替えをされる方は
参考にしてください。
DSC_0381.jpg


エアーも入れて、ディスクローターをつけて
DSC_0384.jpg

車体に取り付けます。
ベアリングの位置も問題なし。ちゃんと回転しました。
DSC_0386.jpg
おお!、いいんじゃないですか!!
車体を水平にしてみることはあまり無いので、新鮮なアングルです。


今回のホイールはダブルディスクにも対応しているホイールなので
シングルディスクで使用する場合に右側にはカバー用のHub Capがついています。
ただ、
・取り付けねじが付いていない
・メッキのHub Cap(ポリッシュホイールなのに)
という、イケてない、ある意味アメリカンな仕様になっております。
とりあえずネジは近くのコーナンプロで購入 5/16インチ長さが20mmのやつです。
Hub Capは塗りなおしとかは面倒なのでそのままで。

DSC_0389.jpg
この写真を撮ろうとして、Hub Capを付け忘れたことに気づき
もう一度ホイールを外して付け直したのは内緒ですw


DSC_0390.jpg
これで完成です。
思ったより早く終わりました。
ただ今回は知人が行ったので、素人の私がやると
1日では終わらなかったかもしれません。

まだ、走りに行っていないので、どのような感じになるか楽しみです。




posted by だー at 23:36| Comment(5) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

フロントホイール交換

以前から考えていたカスタム・・・フロントホイール交換。
そう、FXSTのフロントホイールはスポークなので
チューブレスではないのです。

周りの人間から、パンクしたときにえらい目にあうと脅されており
長距離のツーリングも一人では行けない状態でしたが
納車から4年、ついにフロントホイールをキャストホイールに交換しました!

(画像は16インチっぽいです)


を購入しました。

どこぞのショップに持ち込んで・・・とも考えましたが
お店を調べるのが面倒で、知人がフロントならそれ程難しくないといっていたので
昼飯と晩飯をおごることで知人と話しが付きましたw

普通はタイヤも新しくするほうがいい様なのですが
まだ溝は残っており、リヤタイヤの交換時期がずれてしまうので
今回は、ノーマルホイールからタイヤを取り外し、ハメかえることにしました。

さて、注文したホイールとインストールキットです。
DSC_0363.jpgDSC_0361.jpg
裏面も
DSC_0360.jpg

インストールキットで実際、使用したものは
上の段の白いパッケージの
ベアリング×2とカラー、
下の段の
左から、2つ目のスペーサーと4つ目のエアバルブ(ショート)のみでした。

他は使わなかったので、上記のもので汎用品があれば
もっと安く済むかも知れませんね。


あと、今回は楽天のショップで買いました。
なぜかと言うと、半年ほど前に楽天カードを作ると
6000ポイント程もらえるキャンペーンがあったので、
ただで貰えるなら。と作ってみました。

その後、キャンペーンやアンケートなどにいろいろ登録し、
ポイントが1万ポイント以上になりました。
今回のインストールキットは楽天ポイントで購入しました。
こういうポイントって馬鹿にできないですね。

今もキャンペーンをしているようなので、
楽天に買いたいものがあれば、申し込みをしてお買い物に役立ててください。

↑ 申し込みはこちら ↑

あ、あとポイントには期限があるものがあるので、ずっとおいておくのは無理なようです。
ご注意を!

話が完全に逸れましたがw


さて、ホイールが届き、まずはベアリングの打ち込みから挑戦です。

ベアリングを冷蔵庫で冷やして、ホイールをドライヤーで炙って
叩き込む方法です。

ベアリングは数時間冷蔵庫に入れてました。

ドライヤーでホイールを炙る・・・
DSC_0365.jpg

・・・が、タイミング悪くドライヤーが壊れる!w

なんでやねん!!ヾ( ̄o ̄;)

仕方なく、そのまま打ち込むことに。
当然打ち込む工具などは持っていないので、有り合わせのもので対応。

知人が「ベアリングどっちから打ち込むの?」と聞いてきたので
英語のマニュアルを見る限り、順番は書いていませんでした。
まずは右ベアリングを打ち込みましたが、どのくらい打ち込んでいいのかわからず
とりあえず打ち込めるところまで。
DSC_0366.jpg

あとホイールには向きがあるようです。
DSC_0388.jpg
エアバルブの下に回転方向を示す『←』がついています
中心から見ると若干ディスク側の方が長さがあります。


右側のベアリングを打ち込み、カラーをセット。
そうすると、中のカラーが左に突き出てしまい、左のベアリングが
ホイールに収まらない・・・・間違えている・・・・(-_-;)

二人とも英語はわからない・・・
マニュアルをよーく見て考えて・・・

「!!( ̄Д ̄;)」

FXSTに使用する部品の一覧のところに小さな★マークが3つ・・・
これは、注意事項とかそういうのじゃないのか・・・(-_-;)

次のページに★マークがついた、記載があり
★★★The left side of the wheel is the primary bearing side for this fitment と・・・
グーグル翻訳をすると、左側が主要・・・間違えたorz

試行錯誤の上、右側のベアリングをどうにか外し、
ディスクローター左側からスペーサーとベアリングを打ち込み
その後カラーを入れて、もう一方のベアリングを打ち込みました。

そうすることで、左のベアリングがホイールに1mmほど入り込み
右のベアリングがツライチになりました。

ノーマルのホイールのベアリングと同じ状態なので
これで問題ないでしょう。

夜の10時過ぎに、ベアリングを叩き込む音が近所迷惑になったと思います。
ごめんなさい。m(__)m

とりあえず、ベアリングの打ち込みは完了です。

次は、ノーマルホイールを取り外し、タイヤのハメ替えと
取り付けです。

つづく。





posted by だー at 11:30| Comment(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする