2017年01月13日

気がつけば、1年以上放置しておりました。

いやー、一年過ぎるのは早いですね〜
去年は色々と面倒くさくなり、ブログは完全放置でした。

かといって、バイクを降りたのではなく
いろんな方面のバイク仲間が出来たので、SNSを中心にしておりました。

去年一年振り返ると、色々買ったり色々行ったりしているなぁ〜と。
なので、去年のやったことを思い出しながらブログを復活させようと思います。
まあ、自分の覚書程度に残せたらなと思ってます。

まず、Amazonの注文履歴を見ると

NGK イリジウムIXプラグ DCPR7EIXを2016年1月2日に購入しています。
値段が現時点でも1本1,465円ですが、当時はなぜか1本861円に値下がりし、
おお!安い!ポチっ!
勢いで買ってしまいました。

イリジウムプラグについて、購入してから色々調べたのですが、
ハーレーには向かない
等々いろんなサイトで目にするようになりました。
しかし、買ってしまったものは仕方ない。

写真をとってました。
DSC_0253.jpg
ノーマルプラグです。錆びてるしw
白っぽいのはガスが薄いってことらしいですが、
インジェクションやし元々ハーレーってガスが薄い状態で日本に入ってきているし。
気にしない気にしない。

DSC_0251.jpg
フロント側
DSC_0252.jpg
リア側

DSC_0250.jpg

DSC_0249.jpg

取り付けの際には箱に、締め付け方が書いています。
手で閉められるところまで閉めて何分の何回転とか書いてましたねぇ。
忘れたけど。

結構緊張しましたね、プラグ閉めてナメたらおしまいとかビビらされてw

始動性がよくなるとか燃費が良くなるとか、加速が良くなるとか
ほとんどわかりません。
交換したことによる気分だけは良くなりましたね。
で、結果は特に何も変わらずです。
寿命も長いので、しばらくはこのままですな。





posted by だー at 21:15| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

エアフィルター洗浄

前回続き

バッテリー交換を行い、試走したところ問題なし
途中の休憩で一息入れていると、
エアクリーナー下のポイントカバーあたりが薄っすら茶色くなっているを発見。

泥?と思ったが、触ってみるとオイルだった。
???と一瞬どうしていいかわからなかったが、ざっと見ても
オイルが噴出している様子もなし。

エアクリーナーの下に手を入れるとオイルがべっとり・・・
ここか・・・

とりあえずオイルをふき取り帰宅。
ポイントカバー部にはオイルなし。
エアクリーナーの下に手を入れると薄っすらオイルが滲んでいる。

早速、ネットで調べてみると原因が判明
ブローバイガスを放出し、そのガスを再燃焼させるために戻す際、
一緒に出たオイルは戻すことができず、エアークリーナーから漏れ出す。
マフラーを変えたり、エンジンブレーキを多様すると起きる、
ハーレーにとっては仕様のようなものらしいです

*************************************************************
ブローバイガスとは、
エンジンの燃焼室からクランクケース内に漏れ出たガスの事で、
クランクケース内の気圧が上がり、ピストンの動きを邪魔したりしてしまう為、
ブローバイガスをクランク室から抜き取られるようになっているが、
大気汚染になる為、大気に開放せずに、吸気系に戻して再燃焼させるようになっています。
*************************************************************

エアフィルターはオイルでべったり。
エアフィルター交換か・・・洗浄とかできないかな〜と思っていたら

こんなものを発見。

幸いエアフィルターはK&Nのハイフローの物に交換していたので、
余計な出費を抑えられました。

DSC_0210.jpg
届いたクリーナーキット
クリーナーとオイルのセットです

DSC_0199.jpg
エアクリーナーカバーを外します。

DSC_0200.jpg
めっちゃ汚れています。葉っぱも3枚ほど出てきましたw
14,000kmでこんなに汚れるんですね・・・

DSC_0201.jpg
エアフィルターにクリーナーをたっぷり吹きつけ、約20分ほど放置して水洗い。

DSC_0202.jpg
丸一日風通しのいいところで、陰干ししてました。

DSC_0203.jpg
フィルターの筋に沿って、オイルをささっと塗りました。

後は取り付け、本日の作業は終了。
試走はまだしていません。

もう5年経つので色々と消耗しているところが目に付きだしました。
特にタイヤが、もうスリップサインが出ています・・(^_^;)
ブレーキパッドやブレーキフルード、プラグやプラグコードも変えてもいいかな〜とか
これからカスタムより、メンテナンスの時間が増えてくるんでしょうねぇw

あと、エアフィルターのクリーナーを使うときは、ゴム手袋をしたほうが良いです。
私は素手でやりましたが、溶剤がキツイのか終わったあと、指先がズキズキ。
つめの中がしびれるような感じで、治るまで1週間ほどかかりました。
清掃の際はご注意を。




posted by だー at 21:15| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

2度目のバッテリー交換

前回バッテリーを交換したのが2年前の10月。

鳥取にツーリングにいった特にバッテリーが上がり、大変な思いをして帰ってきました。

最近、その時の現象がまた出てきました。
キュル.ルルドドドド・・・のような感じで、
セルを押した跡に一瞬ですが間が出るようになりました。

念のためにバッテリーチェッカー

で、計ってみると。黄色点灯。
若干弱っている感じのようです。

このまま、だましだまし使おうと思うこともありましたが
出先で止まってしまうことを考えたら・・・

安心を買うため、バッテリ交換をしました。

前回のバッテリーは15,000円ぐらいでしたが、今同じものを買うと23,000円ぐらい。
高っ!!(@_@)

で、今回買ったのが

SUPER NATTO / STX20L-BS

激安中華バッテリーですw
送料合わせて6,000円ぐらい。Deka ETX20Lの1/3の価格です。
1年ぐらい持ってくれれば、2年で12,000円と考えるとお得かな?と思い買ってしまいました。

DSC_0192.jpg
こんな箱に入ってました。

で、バッテリー液を注入
DSC_0195.jpg
コレを2本入れます。
コレが中々入ってくれない、前後に動かしたり
左右にずらしたりしてようやく入れました。

よく考えると、バッテリにさした後、容器のおしりに
穴を開けると空気が入ってスムーズに入るのではないか?
と思いましたが、時すでに遅し。

DSC_0196.jpg
蓋をする前に1時間ほど放置させます。

DSC_0197.jpg
充電します。


充電器はオプティメイト4です。
一晩放置して、充電の状態が良になりました。

そして取り付け。
DSC_0198.jpg
高さが、若干高いです。
ソフテイルの場合は問題ないですが、スポーツスターなどで使う場合は
バッテリー取り付け位置の加工が必要になるかもしれません。

取り付けは、以前と変わらないので省きます。

とりあえず、セルを回して問題なくエンジンがかかりました。

調子を見るために、いつものツーリングコースを走りに行きましたが特に問題なし。
気を良くして休憩中、愛車を眺めていると・・
エアクリーナーからミッション部分まで何か汚れている・・・

( ̄□ ̄;)ギョッ

オイルだ・・・・

つづく




posted by だー at 21:43| Comment(0) | 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする