2014年01月10日

SpeedMeter Calibration 〜PowerVision〜

あけましておめでとうございます。

さて、今年一発目のネタは、
「SpeedMeter Calibration」です。

去年、 LIVE IDLE機能を試した際に
知人のバイクにも、パワービジョンを導入し、設定したのですが、
知人のリアタイヤは幅が260に変更しており、
当然扁平率も変わってきますので、
「SpeedMeter Calibration」の調整が必要になります。

まあ、俺は関係ないし、計算もややこしそうなので
自分で調べてやれば?なんて、気楽に考えていたのですが、

たしか、本国仕様と日本仕様はスプロケの歯の数が違ってて
本国仕様のほうがローギヤードになっていると聞いたことがあります。

よくよく考えてみると、パワービジョンは米国製。
ベースマップも海外サイトからのダウンロードなので
「SpeedMeter Calibration」の数値は本国仕様のものではないのか?

日本仕様ノーマルマップ
normal.gif
2045です。

本国仕様のベースマップ
base.gif
2179です。

やはり違いました。
正確な速度が出たほうがいいので、ノーマルの数値2045に変更しました。

今まで本国仕様のベースマップを使用してきましたが、
特に問題もなく、車検も通っているので、誤差の範囲内かと思われますので
面倒な人はそのままでも良いのかと思います。

何のお役にも立たないネタでした。

今年もよろしくお願いいたします





posted by だー at 01:26| Comment(0) | パワービジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

LIVE IDLE(ライブアイドル)試してきました。

さて、 LIVE IDLE機能ですが試してきました。

前回にも書いたように、エンジンがかかった状態で
リアルタイムにアイドリングが変えられる機能です。

DSC_0318.jpg
こんな画面で、
パワービジョン導入時に900rpmに設定しているのですが
User Desired Idleと言う文字の下が、
なぜか904・・・この数値はマップにある回転数じゃないのか?
まあいい。

904の両端の < >で回転数を上げたり下げたり出来ます。

で、ずーっと下げてみたわけですが
DSC_0319.jpg
704rpmまで下がりましたが、実際は800rpmをウロウロしている感じです。

Target Idleと言う項目は下げても800rpmより下がりませんでした。
おそらく、800rpmまで下げられるってことかな。

・・・あれ?800rpmはパワービジョンの日本仕様にしか出来なかったんじゃ・・・・
まあいいや・・・

回転数は安定はしませんが、800rpmを前後した状態になっています。

ただ、リアルタイムにアイドリングが変えられるだけと思っていましたが、
なんと、イグニッションをオフにしてパワービジョンを外しても
この回転数の設定は残るようです。

ただ、外したときは音のみの確認で(ソフテイルはタコメーターが無いのですよ)
間違いない!とは言い切れませんが、再度パワービジョンを接続したときには
回転数は一番低い数値になったままでした。

正直、どう使っていいのかわからない機能ですが、
回転数を800rpmに下げたい人は日本仕様でなくてもOKって事ですね。


あと、動画をアップしました。もたついていますがw







posted by だー at 22:00| Comment(6) | パワービジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

PowerVisionの新機能!  LIVE IDLE(ライブアイドル)

知らないうちに、新機能が追加されていましたw

前回の記事で、アップデートを行ったのですが
その時点で、機能が追加されていたのに、まったく気付きませんでした。

某雑誌CLUBHARLEYをみて気付きましたw

UpdateOK.gif

PV Farmwear が 2.0.6-1320 になっていれば、 LIVE IDLEが使えるようです。

今回の機能は、エンジンが回っている時に、リアルタイムで
800rpm〜1248rpmで回転数を調整できる機能です。
回転数が低い状態で渋滞などにハマった場合、走行中に回転数をあげる事で、
発電量を上げて、バッテリ上がりを乗り切るといった使い方が出来るようです。

・・・てか、この機能いる?

気になる事としては、
LIVEIDLEで変更した設定は、保存されるのか
イグニッションをオフにすると元に戻るのかか気になります。

あと、並行輸入のパワービジョンは900rpm以下は対応せず、
日本の代理店を通したものが、800rpmに対応と聞いていたのですが、
この機能を使うと、800rpmまで落とせるのか?と気になっています。

まあ、回転数を落とす事で、発電量が減りバッテリが上がる事を考えたら
あんまり使う機会はない機能の予感がします。

まだ、自分のバイクで確認していないので、詳細は後日にアップします。




posted by だー at 14:20| Comment(0) | パワービジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする